• 薪ストーブについて
  • 薪ストーブQ&A
  • 薪ストーブの焚き方
  • 二重煙突の重要性
  • 薪の割り方と 薪割り道具のメンテナンス
  • 薪の乾燥と保管
  • 薪小屋の作り方
  • 薪ストーブ・煙突のメンテナンス方法
  • 初めてのお買い物
  • 薪ストーブ用語辞典
  • 薪ストーブクッキング

薪ストーブQ&A

薪ストーブやメンテナンスグッズに関するあらゆるギモンに、薪おじさんがお答えします!


薪について

一冬にどれくらいの薪が必要ですか?

平均で2トン位と言われますが、様々な条件で変わります。

これは一番気になるところだと思いますが、一概には言えません。 
まず、 薪の消費量は「薪ストーブの種類・大きさ・焚き方、お住まいの地域、家の造り(広さ、断熱性)など」によって随分変わってきます。
また、薪の種類によっても違います。ナラ・クヌギなどの広葉樹は燃焼が遅く長持ちし、スギ・ヒノキなどの針葉樹は火持ちがしないので燃焼が早く、消費量も多くなります。

PAGE TOP

薪の予約・購入はできますか?

まずはメールにてお問い合わせください。

薪のご購入はメールにてお問い合わせください。
メールを送る >>

PAGE TOP

薪を早く乾かしたい!

保管場所に注意が必要!

薪ストーブで使う薪は生木のうちに早く割るのが基本です。
時間が経ち、乾いてしまうと非常に割れ難くなります。

保管のときの注意事項…
1.薪を積み上げるときに、割った面を上に向ける
2.塩ビやトタン等で薪が雨が当たらないようにする
3.風通しのよい所に置く
こうすれば、薪も比較的早く乾いてくれるはずです。
物置や納屋など、密閉されたところは乾き難くなります。
薪おじさんドットコムで販売している薪は最初から乾燥させている状態なので、ご購入後スグに使用できて便利です。

PAGE TOP

薪ストーブに使う薪はどれでもいいの?

薪ストーブに良い薪と悪い薪を知っておこう!

薪ストーブで燃やす薪は基本的にナラやクヌギなどの広葉樹です。
マツやスギなどの針葉樹はタールやクレオソートという成分を多く含んでいるため、煙突の煤詰まりが非常に早くなり、煙突掃除も頻繁にする必要があるのでおすすめできません。
特にマツのご使用は極力避けて下さい。
針葉樹は火付きがいいというメリットがあります。
これを利用して最初の焚き付けのみ針葉樹を使い、後から投入するのは広葉樹を投入するのも焚き方の工夫です。

広葉樹
[ナラの薪の特徴]
薪ストーブ用の薪として最適なもののひとつ。
樫木であるナラは、カロリーが高く、火持ちもいい。
ヤニも少ないので、タールもたまりにくい。
[カシの薪の特徴]
比重の大きい樫木なので、火持ちのよい上質な薪。
ナラと比べて入手しづらいのが難点。
[シラカバの薪の特徴]
昔から薪として重宝されてきたシラカバは油脂分が豊富。

針葉樹
[スギの薪の特徴]
入手が容易にできる。
間伐材も多いので、マメに探せば安く買うことも可能。
[マツの薪の特徴]
ヤニが多いので煙突内にタールが付着しやすい。
十分に乾燥させて、完全燃焼させるのが、タールの付着を防ぐコツ。
薪ストーブにとっては良い薪とは言えない。

PAGE TOP

薪は木なら何でもいいですか?

塩分を含んでいる木はNG!

薪ストーブに入れる木は基本的には何でも使えます。
ただし、輸入した外材のように長期間海の貯木場に浮かべてあったものは、塩分を多量に含んでいるので避けた方が良いでしょう(塩分は薪ストーブを腐食する可能性が高いため)。

PAGE TOP