• 薪ストーブについて
  • 薪ストーブQ&A
  • 薪ストーブの焚き方
  • 二重煙突の重要性
  • 薪の割り方と 薪割り道具のメンテナンス
  • 薪の乾燥と保管
  • 薪小屋の作り方
  • 薪ストーブ・煙突のメンテナンス方法
  • 初めてのお買い物
  • 薪ストーブ用語辞典
  • 薪ストーブクッキング

初めてのお買い物

薪ストーブの歴史

「せっかく薪ストーブを設置したけど、イマイチ楽しみ方がわからない…」「薪ストーブ関連アクセサリーがたくさんあるけど、結局どれを買えばいいのかわからない…」とお困りの薪ストーブ生活ビギナーの方々。
今から薪ストーブの導入をお考えの皆様に、おすすめの薪ストーブ生活支援グッズを紹介しよう!
薪ストーブ生活に欠かせない上質の薪や、手袋・ツール・ログキャリーなど薪ストーブ生活をもっと楽しくする魅力的なアイテムの数々!さあ、楽しい薪ストーブ生活をはじめよう!

どこにも負けない薪力!

薪ストーブ生活を楽しむには、もちろん薪が必要不可欠。
薪おじさんドットコムで取り扱っているクヌギの薪は火持ちが良いので経済的にも優れているのだ。
しかも、30年以上の年月をかけて十分に育ったクヌギのみを使用しているので薪力(まきぢから)は抜群!
※「薪力」とは、薪の性能の総合評価のこと

・薪力(まきぢから)の比較表
薪力


薪(木種)選びのコツ!

タールが多いものは薪ストーブに不向き。煙突にタールがこびりつくと燃焼率にも、寿命にも影響が出る。つまり、タールの少ない薪を選ぶのが薪選びの基本だ。
タールの多く含まれる薪としてマツが特に有名。タールを多く含む薪の火付きの良さを利用して最初に少量だけ燃やし、炎に勢いをつけるという方法もあるゾ。

薪割りは薪ストーブ生活の楽しみのひとつ!

市販されている薪のサイズはまちまち。必ずしも全ての薪ストーブの火室に収まるというわけではない。
薪ストーブの火室よりも薪が長い場合は斧で小さく割る必要があるのだ。
休日には薪割りで心地良い汗をかいてみるのも良いだろう。このヒト手間が薪ストーブ生活をより一層楽しくするのだ。

斧(サイズ)の選択基準

【ミニハチェット】
・ 軽量で使いやすい小型の斧 ・ 小さめの薪が確保できる方にオススメ
【大型薪割り】
・ 扱いやすさに定評 ・ 丸太から割る場合は本格的な斧


簡単操作で薪割りがラクラク!

やすらぎと、ゆとりをお届けする森からの贈り物。そんな「薪」を手軽に作る強力な助っ人が誕生!
【ログスプリッター】
・ 大量の薪を使用する方にオススメ。 ・ 薪割りが難しいご年配の方も楽々薪割り!

インテリアとしても楽しめる定番のアクセサリー!

薪小屋(屋外)から薪ストーブのある部屋まで薪を運ぶのに必要なウッドカートや、部屋に置くだけでもインテリアとして楽しめるログキャリーなど、デザイン性と機能性に優れたものが多いアクセサリーなのだ。
薪ストーブの横に置いていても違和感ないものを選ぶのが薪ストーブ生活を上手く演出するコツ。

ログキャリー&ログラックの選択基準

【ファイヤーサイド・ログキャリー】
・ 軽量で使いやすい小型の斧 ・ 小さめの薪が確保できる方にオススメ


簡単操作で薪割りがラクラク!

【ログラック&ログキャリー(2)】
・ 手軽に扱ったり、お部屋でインテリアとして楽しみたい方にオススメ
・ 利便性とピルグリムならではのデザインで、ベストセラー

薪ストーブに感謝の気持ちを込めて…。

年に一度のメンテナンスは薪ストーブ生活の重要なイベント。
いつもお世話になっている薪ストーブに感謝の気持ちを込めてキレイに煤を落としてあげよう。

ブラシの選択基準

煙突用ブラシは煙突の直径によって大きさが異なる。
一般的な煙突の直径サイズは150mm程度、煙突の全長は5mから6m程度だろう。

●お得なブラシセットもチェック!
 4mのブラシセット  5mのブラシセット  6mのブラシセット  7mのブラシセット

薪ストーブ本体の汚れは各種クリーニング用品、色剥げには本体の色にあった塗料を選ぼう!
薪ストーブのガラス窓が煤により汚れてしまうと、せっかくの美しい炎が見れなくなってしまう。
ガラスのメンテナンスは頻繁に行うことをおすすめする。

【ガラスクリーナー(リキッド)】
・ 軽い汚れに!

【ガラスクリーナー(ジェル)】
・ こびりついた頑固な汚れに!

薪ストーブ生活の縁の下のチカラ持ち!

薪ストーブ用のグローブも薪ストーブ生活を楽しむなら揃えたいアイテムの一つ。薪を炉内へ入れる際の火傷を防ぐだけでなく、服の袖を煤(すす)などで汚さないという利点もあるのだ。

薪ストーブクッキングでは薪ストーブ本体の温度を常に確認するための【テンプレックス温度計】が役に立つだろう。
これらサーモメーターは 薪ストーブクッキングのみでなく、薪ストーブ焚く際の温度管理にも必須なのだ!

薪の燃える手助けをするため、よくティッシュや新聞紙に火を付ける方法がとられるが、【ドラゴン着火剤】があれば、とても簡単に火を付けることができる。
薪ストーブを焚く前に煙突内部を温め、ドラフト力を高めるのにも着火剤が活躍するゾ。