• 薪ストーブについて
  • 薪ストーブQ&A
  • 薪ストーブの焚き方
  • 二重煙突の重要性
  • 薪の割り方と 薪割り道具のメンテナンス
  • 薪の乾燥と保管
  • 薪小屋の作り方
  • 薪ストーブ・煙突のメンテナンス方法
  • 初めてのお買い物
  • 薪ストーブ用語辞典
  • 薪ストーブクッキング

薪ストーブ用語辞典

暖炉や薪ストーブに関する言葉には独自のものが多く、日頃耳慣れた言葉でも、ここでは特別な意味を持つものもあります。
そうした暖炉や薪ストーブに関する言葉を50音順にまとめました。

た行

  • タール

    薪の燃焼過程で発生する有機ガスが液状化したもの。
    黒色でネバネバしており煙道に付着する。煙道火災の原因ともなるので、正しい使い方とメンテナンスでなるべく付着させないように。


  • 台座

    薪割りの際に薪を置く台。
    割りやすい高さに調節すると同時に、アックスの刃先の保護も兼ねる。


  • 対流式

    薪ストーブの構造面からみた分類のひとつ。
    ファイアーボックスの外側をさらにもう一層囲み、その間の暖められた空気を室内に送り出す構造。薪ストーブ本体が熱くならず安全だが、輻射式に比べると室内を暖めるのに時間がかかる。


  • 焚きつけ

    着火の際に使う薪。スターターともいう。
    細い薪の方が火を起こしやすいため、焚きつけ用に細かく割った薪を用意しておくとよい。
    針葉樹は燃えやすいため、焚きつけ用には適している。


  • 玉切り

    チェンソーを使い、丸太をストーブに合わせて適当な長さにカットすること。薪割りの前段階の作業。


  • ダンパー

    薪ストーブや暖炉の本体、もしくは煙突に取り付ける燃焼用空気の通風調節弁。ダンパーの開閉により燃焼状態を調節することができる。


  • 暖房能力

    一定時間内にどれだけの熱エネルギーを発散できるか、つまりどれだけ空間を暖められるかを示す目安。設置条件にも左右されるが、一般に1万kcalで20~25坪が暖められるとされている。


  • 暖炉式

    薪ストーブを構造面からみた分類のひとつ。
    暖炉のように前面に開口部があり、燃焼による熱が直に、または側面に反射して伝わってくる。炎を直接眺められる反面、熱効率が低い。開放式とも呼ばれる。


  • チェーンソー

    小型エンジンを用いた自動ノコギリ。
    丸太を玉切りする作業に使う。電動式とガソリン・エンジン式がる。


  • チムニー

    広義には煙突を指すが、屋外に出た煙突を囲むようにつくられた建物の部分を指すことも。
    煙内の保護とともに外観上のデザインとしての役割もある。


  • 着火材

    着火時に使う火つけ剤。
    容易に火がつけられる。薪ストーブ専用のものを使いたい。


  • 鋳鉄

    鋳者用の鉄鉄。
    薪ストーブの材質としてもっとも一般的。
    鋳型に流すため、凹凸のある美しい細部と重量感が特徴で、クラシックな雰囲気に。熱しにくく冷めにくいため柔らかな輻射熱が得られる。


  • 低温変化

    ストーブや煙突の表面からの輻射熱が、長い時間をかけて木材の表面を炭化させていく現象。
    炉台や煙突の屋根や壁との接合部の断熱対策などが不十分だと起こる。


  • ドラフト

    煙突内での煙の引き込み。
    薪が燃焼することで上昇気流が生じて煙が吸気される。スムーズな排煙の重要な要素。


  • トリベット

    ストーブトップの上に鍋やケトルを置く際に使う、温度調節のための鋳物製の鍋敷き。