• 薪ストーブについて
  • 薪ストーブQ&A
  • 薪ストーブの焚き方
  • 二重煙突の重要性
  • 薪の割り方と 薪割り道具のメンテナンス
  • 薪の乾燥と保管
  • 薪小屋の作り方
  • 薪ストーブ・煙突のメンテナンス方法
  • 初めてのお買い物
  • 薪ストーブ用語辞典
  • 薪ストーブクッキング

薪ストーブ用語辞典

暖炉や薪ストーブに関する言葉には独自のものが多く、日頃耳慣れた言葉でも、ここでは特別な意味を持つものもあります。
そうした暖炉や薪ストーブに関する言葉を50音順にまとめました。

さ行

  • サーモメーター

    温度計。本体に元々付いている場合と、マグネットで取り付けるオプションタイプがある。


  • 三重煙突

    煙突の筒が三重になっているもの。
    ふたつの層に断熱材と空気が充填されているものと、二重の断熱・空気層のものとがある。


  • シーリング・ファン

    天井に取り付けるファン。
    上部に溜まった暖気を拡散させ、部屋じゅうに行き渡らせる働きがある。


  • 遮熱板


  • 自由煙突

    伸び縮みする煙突。
    施工やメンテナンスの際の煙突の取り外しが容易にできる。


  • 触媒方式

    二次燃焼方式のひとつ。
    (「クリーンバーン方式」と「触媒方式」の2種に分けられる)。
    薪が燃焼することで発生する煙の中に含まれる不純物などを、再び燃焼させることでクリーンな排気を実現するシステム。
    キャタリティックコンバスターを利用し化学反応により煙を再燃焼(二次燃焼)させるタイプ。


  • シングル煙突

    煙突の筒が一重のもの。
    断熱性が低く煙突内にタールなどが付着しやすいため、できれば二重以上の煙突を使用したい。


  • 針葉樹

    マツやスギなど、針のように細長い葉をもつ木の総称。
    日本では植樹された人工林には針葉樹が多い。着火は早いが火持ちが悪く、燃やすとクレオソートが発生しやすいため、薪にはあまり適さない。
    ※最初の火付けのために使用するのが普通。


  • 据え置き型


  • スターター


  • スティーマー

    ストーブの上面。
    上蓋として開閉できるものもある。平らなものはケトルや鍋が置ける。


  • スモークチャンバー

    暖炉の煙の吸い込み口から煙道までの部分。
    排気ガスを煙道からの下降気流を焚き口に戻さない働きもする。煙室ともいう。


  • スロート

    暖炉の炉囲いの下端から煙棚までの部分。
    煙をスムーズに煙道へと導く役割がある。